借り換えに、イオン銀行をオススメする理由について

人生の中で、最も大きなお金を使うのは、保険、家、教育
と言われています。
さらに、自動車にも凝っている人がいれば、
ローンを組んで高い車を若い頃から買い続けているので、ここに
入るかもしれません。
むしろ、結婚せずに趣味に生きているなら
教育費が自動車に取って代わるでしょう。
まあ、自動車と教育費は
生活によって変化するので入らないとして、保険と家が大きな
お金を使う事と言ってもいいでしょう。
ですから、皆さんは無理してリスクのある投資をするとか、
疲れた身体にムチ打って副業で稼ぐとかして豊かな生活を
求めるより、このふたつの負担を上手に浮かす方が、簡単で
効率が高いんですよね。
保険の方は、インターネットでも
テレビコマーシャルでも存分に見直しをやっていますので、
賢明な方は、既に実践されていると思いますが、住宅ローンは
いかがでしょうか。
興味深い住宅ローンの借り換えにおける
商品などを、たまにテレビでも見かけますが、保険のように
シュミレーションするだけでネット内職で報酬がもらえるとか、
アフィリエイトで盛んに紹介されているという状況ではない
ので、気が付いていない人が多いのが現状ではないでしょうか。
数円万円から億単位のお金を動かし、それに付随する利息が大きく
変動するという大事な事にもかかわらず気が付いていないのは
勿体無いです。
トータルで考えた場合、数百万円とかの金額が
変わるかもしれない事に無頓着で、せっせと副業をしたり、
リスクを取って投資しているなんて賢いとは言えませんからね。
さて、この借り換えですが、私が最もオススメするのが、
イオン銀行です。
理由は色々ありますが、まず最も大きいのが
保証料と手数料が無料と言う物です。
手数料の方は所定の条件が
あるものの、嬉しい限りです。
なぜなら、借り換えで考えるべきことの
ひとつに、トータルで得になるかどうかがあります。
その際に、
保証料と手数料のコストの考えるわけですが、それがないのですから
メリットをそのまま受理できます。
そして、借り入れ後の一年間が、かなり安い利息と言うのも
大きいです。
それを見越してシュミレーション出来るので、
重ねて、お得になりますからね。
相談も365日出来るので、
忙しいあなたも安心です。
イオンはどこにでもあるので、
近くにあるところで相談すればいいので嬉しいですよね。
もちろん、オンラインでも可能なので、近くになくても大丈夫ですしね。
多くのメリットを持ったイオン銀行で、効率よく生活を
豊かにしましょうね。

住宅ローン借り換えで参考にしたサイト

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

借り換えを行う際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローンを再確認することです。

確認したら銀行機関のHPに設置されている借り換えシミュレーションで借り換え後の毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

シミュレーション後は借入銀行選びです。

金利以外にも保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行にしましょう。

家計を圧迫するとよく相談のある住宅ローンですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったら低い方に変えたいですよね。

ただ、金利だけを理由に変更するのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記などで様々な費用が発生しますので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

シミュレーション時に変更するメリットがあるかを考えてから行いましょう。

借り換えを行う判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上になった時です。

住宅ローンを組んだ際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合が多いそうです。

お得になる金利差は0.3%以上という計算になるようです。

よく借り換えでオススメされているのが固定金利から低金利な変動金利に借り換えを行うケースです。

変動の方が金利は1%から2%低く設定されているので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

金利変動リスクの心配をしたくない人は固定金利制をお勧めします。

住宅ローン借り換えに関してネットで調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は新たに住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤することになって転勤先での賃貸料と二重になってきつい、金利が低くなったから借り換えをして支払額を少しでも抑えようと思ったときです。

なぜ借り換えが出来ないかというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても現在のローンよりも良い条件のローンは見つからないと思います。

離婚で別居する際なども家族扱いにならないので同じことが言えます。

夢のマイホームを購入する時、大半の人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えを行うことです。

ただ借り換えのメリットを享受したいことを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くならなければいけません。

検討する際のメリットの計算方法に関しては各銀行ごとにシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

確認する際に気をつけることとして、シミュレーションをしたところ30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生して総額がそんなに変わらなかったということもあります。

ほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えの手続きはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年から申し込みできる場合もあるようですが、例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件では、申込日前日までの1年間返済を滞りなく進めている方という項目があり、他の銀行機関もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも金利が低くなっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。

住宅ローン借り換えに通ると様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記手続きなどです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が行いますが行なったもらう司法書士を選ぶ権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

借り換えを行う方の多くは司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選択できるかどうかは金融機関へ確認してください。

他に用意する書類も多く時間もかかるので借り換えメリットと比べて行わないという決断をする人もいます。

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換え審査に際して必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる課税証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい書類ですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないものです。

ここに挙げたのは主な書類なので実際に借りる金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローンを活用している場合にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行う場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに活用できるようにすることが重要なポイントとFPの方も言っています。

控除をフルに受けるには、借り換え後の返済期間を10年以上にすることやその理由としてはローン控除では1%の所得税が還付されるのでローン控除では1%が還付されるのでこのように様々な制度を利用してお得にローン返済しましょう。

今の借りているローンの金利よりも金利を低くするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換えを行う際にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットを十分に把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の銀行で住宅ローンを組むことなので将来的に金利が上がるリスクがあるデメリットもあります。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

メリット・デメリットを確認して借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済手数料が発生しないかなど自分に合ったローン選びをする必要があります。

最近、インターネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを勧められる人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合に問題が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に単独名義になる問題が出てきます。

こういった連帯債務の借り換えを行う場合は金利以外の税負担が起きる可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの費用と贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

皆さんは住宅ローンを契約する際に頭金を支払いましたか?頭金を用意しなくてもローンは組めますが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

中には、毎月の返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討する方もいると思います。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と考えている人もいるようですが審査に落ちることもあります。

一例として、転職をして年収や職場が変わった場合や転職をして年収が下がってしまった場合や住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

こういったことがあるので1度通ったからと安心しないようにしましょう。

様々なローンを検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かではないでしょうか。

金利の数字だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

変動というふうに記載されているように金利が定期的に変わるので場合によっては、固定制の金利よりも高くなってしまい、支払額が不安定になってしまい計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は基本的に変動を選ぶことになると思います。

固定では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないという長所もあります。

両方の中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

最初に組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えする時も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければ転職して年収が下がっているなどといった場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりもカードローンや教育ローンなどローンの数が増えている、他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

住宅ローンを選ぶ際に大切なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと返済を早く行えば行うほど元本も利息もガンガン減っていきます。

結果として支払期間が短縮されたり、その期間の利息分総支払額が低くなります。

そのため、手続きをネットで行えることや繰上げ返済額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

返済をする際に気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなったら本末転倒なのである程度余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分をチェックしてください。

住宅ローン借り換え相談こちら!審査甘い銀行は?【金利安い】
経済状況の悪化により毎月の返済の負担が大きくなる一方、ゼロ金利政策は維持されこれまでで一番といってよいほど借り入れの金利は低くなっている現在、毎月のローン返済負担を減らす有効な方法として注目されているためです。しかし、新しいものに乗り換えると言っても金利、手数料、保証料、団体信用生命保険料、繰り上げ返済、諸費用など比較をしたり自分で選ばなければいけないポイントが数多くあります。
住宅ローン借り換えというと何か簡単にできそうな気もしてきますが実際には新しい住宅ローンを借りるのと同じだけの費用と労力が必要になります。現在条件がいい銀行はどこなのか?金利と諸費用を比較し他時のベストチョイスはどこなのか?など知りたいことはたくさんあるはずです。そんなときには気軽に住宅ローン借り換えについて相談できるところが必要でしょう。しっかりとした知識を身につけておかないと後悔することになりかねませんよね。ですからこういったサイトでしっかりと住宅ローン借り換えについて勉強していって欲しいなと思います。