イオン銀行で住宅ローンの借り換えをしてみては?

住宅ローンは、出来れば早いうちにまとめて返していった方が得ですよね。
返した金額分の利息も返済したことになるので、まとまったお金(例えば100万円以上)が出来た時、そのお金がなくても生活に支障が出ないなら、一気に返しちゃいましょう。
こんなことを書いてると、私が今までそれを実践してきたように思うでしょうが、残念ながら一度も繰り上げ返済をしたことは在りません。
頭ではこの返済のやり方の方がかなり得なのは分かっているのですが、もしものことがあった時、まとまったお金が手元に無いと困るので手放せなかったのです。
そうこうしているうちに、私の住宅ローン返済もあと2年となりました。
地道にコツコツ払ってきただけで、何一つ得をしていません。
実は返済を始めて10年目ぐらいの時に、某銀行で借り換えの相談会をやっているというのを耳にして、妻と一緒に相談しに行ったのですが、見事断られました。
銀行側は言葉を濁して「ちょっと厳しいですね。
申し訳ありません。
」の一点張りで、ひどく腹立たしい思いで帰ってきたことを覚えています。
多分私の仕事が自営業だったからだと思いますが、借り換え審査にそんな基準無いんじゃないのか?と調べたら、やはりありませんでした。
結局そのまま借り換えもせずじまいでした。
でも今思うと、あきらめずにもっと他の銀行にも相談に行けば、もしかしたら審査に通っていたかもしれません。
もうあとの祭りですが。
私のような失敗をしないように、現在住宅ローンの借り換えを検討中の方は、今日紹介するイオン銀行に相談してみてはいかがですか?
私がこの銀行のサイトを知ったのはつい最近なのですが、このサイトの良いところは「借り換えシュミレーション」というのが出来るところです。
これは「もし今借り換えたら、どれくらい返済額を軽減できるのか?」というのを試算することが出来るという優れ物なんです。
「借り入れ残高」や「毎月の返済額」「残りの借り入れ期間」などを入力するだけで試算できちゃうので、ぜひ試してみて下さい。
その結果に満足できれば、今度は「事前審査お申し込み」のボタンをクリックして下さい。
ネットから申し込みをすると、確認の電話が銀行から来ます。
その後審査が行われ、結果は電話又は郵送で知らされます。
このとき晴れて「承認」になった人には、必要書類も一緒に郵送されるそうです。
この後いよいよ本審査に入り、その結果が同様に知らされるという手順です。
仮に途中で申し込みを取り下げたくなっても、できるみたいですよ。
心配な方はカスタマーセンターに連絡して興味のある方は、サイトに行ってみて下さい。

住宅ローン借り換えのおススメ

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けることを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので確認してみてください。

ただ、計算する際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えの経験はありますか?多くの人は行ったことはないと思います。

ここでは、借り換えを行う際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容や状況を再確認することです。

銀行機関の多くでHPに設置されている借り換えシミュレーションで借り換え後の毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

シミュレーション後に行うのは借入銀行選びです。

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら最も条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを組んでいる際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に重要なことが控除のメリットをフルに受けられるようにすることです。

重要なポイントと専門家の方も言っています。

控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満の場合、戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

住宅ローンを初めて組む際に心配なのが「自動車ローンをすでに組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば利用可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫します。

当然ですが、自動車ローンをちゃんと返済していないと他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの申し込み審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、不動産業者側から現在残っている自動車ローンを住宅ローンと一緒にしましょうと提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければ転職して年収が下がっているなどといった場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりも物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

そのため支払い期日のあるものは必ず期日までに払うようにしましょう。

毎月のローンの支払額や総支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

現在借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換えを行う時は別の保険に加入することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、あまり見直しなどを行う人が少ないので火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンを借り換えられないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤することになって転勤先での賃アパートなどの貸料と二重になるので、金利が低くなったから借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは基本的に見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同じことが言えます。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を支払わなかった人もいるかもしれませんが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

そういった場合に返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている方もいるようですが審査に落ちることもあります。

例えば、借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも年収や職場が変わっていなくてもローンすうが増えている場合です。

年収に対してローン返済額が増えているということで引っかかるようです。

年収や職場に変更がなくてもこういった面で引っかかることがあります。

ここ数年、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どんな場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実態は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義にしなければいけないことがあります。

こういった連帯債務の借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの借り換えにかかる費用と贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例えば、繰り上げ返済が手軽で無料なことです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減っていきます。

結果として総支払額が少なくなったり、支払期間が短縮されます。

そのため、手続きをネットで行えることや返済可能額が一円以上からなのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が圧迫してしまうのは本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときも同様の部分をチェックしてください。

今の組んでいるローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと確認することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

こういった金利以外の面も含めて総合的に考えるべきです。

また、借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先を選ぶ際に、保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分の条件にあった基準でローン選びをする必要があります。

住宅ローン借り換えをするにあたり様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続き自体は司法書士が行ってくれますがその司法書士を選ぶ権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選択することもできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないのが大半だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にもローンの申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと労力を比べて行わないという決断もありです。

住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

実は借り換え融資ができるようになっているので住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から低金利な変動金利に借り換えを行うケースです。

変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでパッと見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利同士での借り換えは、金利変動リスクはありません。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行から融資を受けて、現在借入中の銀行に返済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても大丈夫です。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うので3回も行えば十分低金利なところからkリテいる形になるからです。

また、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくそのため、借り換えのタイミングとよく言われているのがそのため、借り換えメリットが月収以上の金額になったときがオススメのタイミングです。

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して色々と必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や免許証などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる所得証明などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる土地公図などの書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい部類ですが登記簿などは業者への連絡など時間がかかりやすいです。

ここに挙げたのは主な分類なので金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローン借り換え諸費用いくら?安い銀行比較!【諸費用込は損?】
ここでは、同じ条件でそれぞれの住宅ローン借り換えシミュレーションを利用して諸費用を比較します。当初借入金額3000万円 で残債2000万円、固定金利3%→固定金利2%、のこり返済期間20年という条件で現在借り換え費用が一番お得になる銀行はどこなのでしょうか?
住宅ローンの借り換えで一番のハードルであり、一番注意しなければいけないのは実は諸費用です。住宅ローン借り換えといっても実際には新しく住宅ローンを借りることですから、諸費用ははじめて借りたときと同じくらいかかります。ですから、諸費用が高すぎる銀行を選んでしまうと、せっかく時間をかけて借り換えをしたのに結局節約にはならなかったということにもなりかねません。そういったことを防ぐためにも住宅ローン借り換え諸費用をしっかりと確認しておいてください。