イオン銀行で住宅ローンの借り換えをしてみては?

住宅ローンは、出来れば早いうちにまとめて返していった方が得ですよね。
返した金額分の利息も返済したことになるので、まとまったお金(例えば100万円以上)が出来た時、そのお金がなくても生活に支障が出ないなら、一気に返しちゃいましょう。
こんなことを書いてると、私が今までそれを実践してきたように思うでしょうが、残念ながら一度も繰り上げ返済をしたことは在りません。
頭ではこの返済のやり方の方がかなり得なのは分かっているのですが、もしものことがあった時、まとまったお金が手元に無いと困るので手放せなかったのです。
そうこうしているうちに、私の住宅ローン返済もあと2年となりました。
地道にコツコツ払ってきただけで、何一つ得をしていません。
実は返済を始めて10年目ぐらいの時に、某銀行で借り換えの相談会をやっているというのを耳にして、妻と一緒に相談しに行ったのですが、見事断られました。
銀行側は言葉を濁して「ちょっと厳しいですね。
申し訳ありません。
」の一点張りで、ひどく腹立たしい思いで帰ってきたことを覚えています。
多分私の仕事が自営業だったからだと思いますが、借り換え審査にそんな基準無いんじゃないのか?と調べたら、やはりありませんでした。
結局そのまま借り換えもせずじまいでした。
でも今思うと、あきらめずにもっと他の銀行にも相談に行けば、もしかしたら審査に通っていたかもしれません。
もうあとの祭りですが。
私のような失敗をしないように、現在住宅ローンの借り換えを検討中の方は、今日紹介するイオン銀行に相談してみてはいかがですか?
私がこの銀行のサイトを知ったのはつい最近なのですが、このサイトの良いところは「借り換えシュミレーション」というのが出来るところです。
これは「もし今借り換えたら、どれくらい返済額を軽減できるのか?」というのを試算することが出来るという優れ物なんです。
「借り入れ残高」や「毎月の返済額」「残りの借り入れ期間」などを入力するだけで試算できちゃうので、ぜひ試してみて下さい。
その結果に満足できれば、今度は「事前審査お申し込み」のボタンをクリックして下さい。
ネットから申し込みをすると、確認の電話が銀行から来ます。
その後審査が行われ、結果は電話又は郵送で知らされます。
このとき晴れて「承認」になった人には、必要書類も一緒に郵送されるそうです。
この後いよいよ本審査に入り、その結果が同様に知らされるという手順です。
仮に途中で申し込みを取り下げたくなっても、できるみたいですよ。
心配な方はカスタマーセンターに連絡して興味のある方は、サイトに行ってみて下さい。

住宅ローン借り換えのおススメ

住宅ローン借り換え諸費用いくら?安い銀行比較!【諸費用込は損?】
ここでは、同じ条件でそれぞれの住宅ローン借り換えシミュレーションを利用して諸費用を比較します。当初借入金額3000万円 で残債2000万円、固定金利3%→固定金利2%、のこり返済期間20年という条件で現在借り換え費用が一番お得になる銀行はどこなのでしょうか?
住宅ローンの借り換えで一番のハードルであり、一番注意しなければいけないのは実は諸費用です。住宅ローン借り換えといっても実際には新しく住宅ローンを借りることですから、諸費用ははじめて借りたときと同じくらいかかります。ですから、諸費用が高すぎる銀行を選んでしまうと、せっかく時間をかけて借り換えをしたのに結局節約にはならなかったということにもなりかねません。そういったことを防ぐためにも住宅ローン借り換え諸費用をしっかりと確認しておいてください。