イオン銀行住宅ローンのメリット

5年前に新築一戸建てを購入、そして現在住宅ローンを組み毎月返済をしています。
10年固定金利を選択したのですが、あと5年たつと変動金利に変わります、なのであと5年のうちにそのまま変動金利へ切り替えをするのか、もっとよい金利のとこに借り換えをしようか検討中です。
そして今、イオン銀行を考えています。
イオンはよく買いものに行くので、便利な特典がありますよね。
例えば、住宅ローンを組むと「イオンセレクトクラブ」というカードが使えるようになるのですが、20日、30日のお客様感謝デーにはみんなが5%offなのですが、そのイオンセレクトカードをもっているとさらに5%offになるというのです。
ということは10%offですね、これはイオンでお買いものする方ならかなりお得な気がします。
それに、保証料も0円です。
(保証料とは、保証人を立てる代わりに、専門の保証会社を利用するときにかかる手数料)
これが0円てすごくないですか、びっくりです、だって確か何十万て払った気がするのです。
もちろん万が一の時にローン残高が0円になる安心制度(8つの疾病症保障付き)
ガンと診断されたら、残高が0円になる。
脳卒中、心筋梗塞で所定の状態が60日以上継続したら0円になる。
5つの重度慢性疾患(高血圧、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)も保障
というのも他行と変わりないですね。
一部繰り上げ返済の時も手数料が無料というのもいいですよね。
気になる金利も他行と変わらないというよりは、他行よりも安い気もします。
これだけみても、検討する価値は十分あるのではと思います。
ちなみにインターネットで調べてみたら、シュミレーションがあったのでしてみました。
使い方がちょっとわかりにくかったのですが、なんとか数字を入力してやっと結果がでたのですが、金利などは申し込んでみないとわからないので何とも言えないというのが本音ですが、金利次第では今よりかなり安くなるので、やはり検討してみる価値がありそうですね。
長いローンなので、いくらでも安く支払っていきたいそれが願いですね、そして早く完済してしまいたいというのが願いです。
そう考えるとイオン銀行かなりいいかもです。
買いものもで10%offになったり、金利も、もしかしたら他行よりもお得になる可能性もあります。
これはローンを見直してみる価値がありそうです。
早速私も、資料を集めて検討してみることにしたい、と思っています。

イオン銀行住宅ローンの審査は甘い?厳しい?

念願だったマイホームを購入してから数年で、病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。

普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。

またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

家を購入するとき、だれでも最初に考えるの事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

多くの方は、銀行などからイオン銀行住宅ローンを申し込みすると思います。

申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険にも加入するように言われます。

こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残りのローンが0円になる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

イオン銀行住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

イオン銀行住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

イオン銀行住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがそんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

また、それに加えフラット35の審査特徴としてこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、別の目的があって申請した場合には、違反になります。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?これを明確にした上で申請する必要があります。

もし、法律に違反いている契約であったとすれば間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

今から少しでも不安な点があればしっかりと確認し、目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

自宅購入を考えた時イオン銀行住宅ローンが力になってくれるでしょう。

参考:イオン銀行住宅ローンの審査基準は緩い?借りやすさ【審査通るコツ】

申し込みをする場合は、銀行や信用金庫で受け付けていますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済期間は人によってそれぞれですが最長で35年の借入が可能です。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

たいてい40歳以上の方の申し込みの場合から難しくなるケースが多いようです。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども受付可能です。

だけども、どの場合でも審査があり必ず合格するといった物ではありませんので、注意してください。

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行へイオン銀行住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

自宅が欲しいと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

銀行や信用金庫などから申し込みができるのでどうせなら評判が良い所を選びたいですよね。

その様な場合は、口コミを読むと良いです。

サイトでは、資金に関することのほか社員の態度やお店の雰囲気などまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもあり良い契約を結びたいと思っている人にとって大変貴重な良い参考になるかと思います。

自宅購入の資金は、現金一括で。

といったパターンは世間的には数少ないでしょう。

世間一般には、イオン銀行住宅ローンで借金をするのが普通です支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねると毎月の支払を指摘する人が圧倒的です。

支払は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

その間、変動金利にしている場合は世の中の金利事情も気にしなければいけません。

さらに、人生には突発的な事もあり得ますから途中でけがをするかもしれませんし、病気にかかるかもしれません。

だから、慎重にリスクを考えローンを組みましょう。